2017年6月15日木曜日





 ダイオキシン関西ネット 22周年集会


深刻なストック汚染 





 
 と き 2017年17()14:0016:30

 ところ 豊中市立環境交流センター

      梅田駅から阪急宝塚線各駅停車に乗車10数分


 阪急宝塚線「曽根駅」から線路沿いに北へ徒歩5分 阪急高架下


活動報告 山崎清代表

特別講演 建物解体で飛び散るアスベスト
     心配な中皮腫、肺ガンの増加
   永倉冬史氏(中皮腫・じん肺・アスベストセンター事務局長)
      6/13 NHKクローズアップ現代で登場した市民団体の方です

各地からの報告 能勢、カネミ油症、大阪万博問題など
 
 主 催 ダイオキシン関西ネット http://dioxin-kansainet.blogspot.com/
 協 力 地球救出アクション97 http://saveearthaction.blog16.fc2.com/
  資料代 1000円(学生は500円)  事前申し込みの必要はありませ

 


▼阪神大震災から22年。当時、建物の崩壊、解体で大量のアスベスト(石綿)が飛び散りました。アスベストとは、繊維状の鉱物で、呼吸器に悪い影響があります。
 

▼アスベストの影響は肺ガンなど。潜伏期間が20年以上で、そろそろ病気になる人が増えてくる時期です。ずっと昔から危険性を指摘する声がありましたが、1980年代にようやく対策がはじまりました。不十分な対策しかない中で、阪神大震災があり、東北大震災がありました。
 

▼今回のテーマは、ストック汚染です。アスベスト、ダイオキシン、農薬、PCB、水銀、放射能、・・・。たまり続けて来た汚染物質が、私たちの脅威となりつつあります。工場地帯を住宅・商業施設・オリンピック・リゾート・万博に変えるとき、農地や山林から流出するとき、ストック汚染が表面化するのです。

 

 

みなさんの参加をお待ちしています


2016年11月16日水曜日

学習会「日本列島、次々と発覚する土壌汚染」1/7

 ダイオキシン関西ネット学習会

日本列島、次々と発覚する土壌汚染
豊洲、能勢、夢洲大阪万博予定地?
 
 と き 2017年()14:0016:30
 ところ 豊中市立環境交流センター
           梅田駅から阪急宝塚線各駅停車に乗車10数分
            阪急宝塚線「曽根駅」から線路沿いに北へ徒歩5分 阪急高架下
問題提起1 山崎清代表「混迷する豊洲汚染問題」
 
問題提起2 桑垣豊「新大阪万博予定地夢洲は安全か」

  主 催 ダイオキシン関西ネット http://dioxin-kansainet.blogspot.com/
  資料代 500円(学生は300円)  事前申し込みの必要はありません
 

▼東京では、築地市場の移転先、豊洲の土壌汚染が大きな問題となっています。

能勢では、ダイオキシンの高濃度汚染物質の処理がたらい回しとなり、結局能勢にかえってくるという奇々怪々な事態となりました。

▼その矢先、妄想でしかないと思えた新大阪万博計画を、日本政府が認めるというニュースが飛び込んできました。新自由主義の維新の会が、国からの補助金を当てにした公共事業を「起爆剤」に大阪経済を立て直す。不思議な話です。

◆今回の学習会では、まず、石炭ガス化施設跡地の土壌汚染問題としての豊洲をとりあげます。

◆後半は、大阪オリンピック招致失敗、建設工事中断の夢洲地下鉄尻ぬぐいとしての夢洲五輪計画。夢洲は、大阪市のごみ処分場で、ダイオキシンも埋まっています。木津川(大阪市)PCB大量浚渫土砂を埋めたのも夢洲です。豊洲の二の舞いではないのか、検証します。
 
みなさんの参加をお待ちしています


2015年6月16日火曜日

ダイオキシン関西ネット結成20周年集会

ダイオキシン関西ネット結成20周年集会


新たな汚染源が見つかる  ソーダ工業・沖縄米軍基


 ダイオキシン関西ネットでは、3月の宮田秀明先生の新たな汚染源の指摘を受けて、独自に調査を実行。食塩電解工場の黒鉛電極の有機物と、産物塩素が反応し、ダイオキシンが発生していることが判明。(現在は、チタン電極で汚染はない模様)
 日本全国の戦前・戦後の工場の跡地を全調査。そのまま、工場用地として使う場合が多い中、住宅地や商業施設も。民間用地で、すでに汚染が発覚している東京の2ヵ所につづいて、新たな汚染の疑惑が浮上。すでに問題が発覚している沖縄米軍基地跡サッカー場も視察。実情を報告します。

◎食塩黒鉛電解工場、その後のゆくえ全国リスト公表予定

■と き:2015年20日() 14時00分 から 16時30分 

■ところ:大阪市立港区民センター(弁天町) 2階椿
     環状線「弁天町」南口5分
     大阪市営地下鉄中央線「弁天町」西口3分

■プログラム:
  活動報告 山崎清代表
  調査報告 食塩の黒鉛電極電解工場(ソーダ工業)の汚染の実態をダイオキシン関西ネットで
       独自調査。沖縄米軍基地の汚染視察報告も。
  質疑・意見交換

■資料代:800円(学生は400円) 事前申込みの必要はありません

■主 催:止めよう!ダイオキシン汚染・関西ネットワーク
     TEL(夜)/FAX 06-6336-4154 山崎方
     e-Mail dioxin.kansaiあgmail.com(あ→@)
     URL http://dioxin-kansainet.blogspot.jp/

ふるってご参加ください!



2015年4月26日日曜日

関西ネット結成20周年集会(予告)

ダイオキシン関西ネット結成20周年集会(予告案内)


「ダイオキシンの新しい大汚染源を現地で探り始める(仮)」

■と き:2015年20日(土) 14時00分 から 16時30分 

■ところ:大阪市立港区民センター(弁天町) 2階椿
     環状線「弁天町」南口5分
     大阪市営地下鉄中央線「弁天町」西口3分

■プログラム:(予定)

  活動報告 ダイオキシン摂取量削減の政府交渉と3.7学習会などについて
  調査報告
   “学習会で知ったダイオキシンの新しい汚染源を各現地で探り始めた”
   という報告ができるようにしたいと思っています。
   (苛性ソーダ生産工場、沖縄市)
  質疑・意見交換

■主 催 止めよう!ダイオキシン汚染・関西ネットワーク
     TEL(夜)/FAX 06-6336-4154 山崎方
     e-Mail dioxin.kansaiあgmail.com(あ→@)
     URL http://dioxin-kansainet.blogspot.jp/

ふるってご参加ください!

※追求していたエコチル調査関連での講師依頼は、近畿の3つのユニット・センター(大阪、京都、兵庫)、次いで中央のエコチル・センター、最後に環境省の担当部署から断られてしまいました。ただし、ダイオキシンが調査に含まれているなど、様々な事情を知ることができました。

2015年2月22日日曜日

3/7学習会「ダイオキシンの新たな大汚染源をあばく - プラント残渣、沖縄市サッカー場土壌汚染など」


ダイオキシン関西ネット学習会
ダイオキシンの新たな大汚染源をあばく
 - プラント残渣、沖縄市サッカー場土壌汚染 など


 宮田先生は昨年6月の関西ネット結成19周年集会で、集会テーマからは少し外れた「新たなダイオキシンの 大きな汚染源-プラント残渣」の話を何度かされました。そこで、その内容を詳しく聞かせてもらうことを企画しました。 

 枯葉剤や除草剤の中に副生成物としてダイオキシンが含まれていることは有名ですが、これらの製造残渣、黒鉛を電極として使うソーダの製造残渣などは“要らないもの”として捨てられていますが、これが途方もない大汚染源であることが国際学会などで明らかにされました。しかし、日本ではほとんど調べられていません。

 米軍嘉手納基地の跡地に建てられた沖縄市サッカー場に枯葉剤が入っていたと思われるドラム缶の投棄による土壌汚染が見つかり、沖縄防衛局と沖縄市がそれぞれ調査しました。
 しかし、その評価が分かれているため、宮田先生は、市民グループ「沖縄・生物多様性市民ネットワーク」からその解釈を依頼され、意見書を書かれました。これについても報告をお願いしてOKをもらっています。

 誘い合って奮ってご参加ください。


■と き 2015年 3月7日(土) 14時00分から16時30分

■ところ 大阪市立市民交流センターひがしよどがわ(tel:06-6321-3816)
     JR新大阪駅の北側の東口から徒歩5分、地下鉄新大阪駅から10分

■内 容
     講 演:宮田秀明さん(摂南大学名誉教授)
         「新たなダイオキシンの大きな汚染源-プラント残渣」
     質疑討論

■資料代 800円 学生300円 ※予約不要/会員でなくても参加できます

■主 催 止めよう!ダイオキシン汚染・関西ネットワーク
     TEL(夜)/FAX 06-6336-4154 山崎方
     e-Mail:dioxin.kansaiあgmail.com(あ→@)
     URL:http://dioxin-kansainet.blogspot.jp/



2014年6月11日水曜日

関西ネット結成19周年集会

ダイオキシン関西ネット結成19周年集会 

「ダイオキシン 日本にはなぜ食品基準がないのだ」


■と き:2014年21日(土) 14:30~16:30
■ところ:大阪市立港区民センター(弁天町) 2階 椿
     環状線「弁天町」南口5分
     大阪市営地下鉄中央線「弁天町」西口3分
■プログラム:

  活動報告 ダイオキシン摂取量の削減に関する質問書など
  講  演  摂南大学名誉教授 宮田秀明さん
        「魚介類のダイオキシン汚染の深刻さ」
  各地からの報告(予定) 能勢、カネミ油症被害者 
  質疑・意見交換

■資料代 800円(学生は400円) 事前申し込みの必要はありません

■主 催 止めよう!ダイオキシン汚染・関西ネットワーク
     TEL(夜)/FAX 06-6336-4154 山崎方
     e-Mail dioxin.kansaiあgmail.com(あ→@)
     URL http://dioxin-kansainet.blogspot.jp/


◆宮田先生には、長年の豊富な研究経験に基づいて、魚介類をはじめとする食品のダイオキシン汚染の現状を特徴付けてもらいます。また、食品基準値設定の必要性についても話していただきます。

◆関西ネットは、長年の政府交渉をふまえた質問書の賛同団体を募って、政府交渉を計画しています。当日も賛同の受付をしていますので、ご検討ください。

集会に結集して、 食品基準設定要求の 声を挙げましょう!





ダイオキシン摂取量の削減に関する質問書【ぜひ賛同団体になってください】

 賛同団体の第一次集約を5月末にして、照屋寛徳議員事務所を通して提出してもらって政府交渉に進む計画です。 (第2次集約は結成19周年集会の後、政府交渉前の予定)
 説明部分を略した質問書を再掲します(一部訂正)。賛同団体を付して質問書を提出するのは、ダイオキシン関西ネット単独でなく従来とおり3ネット共同です。

共同提出団体(3):
 止めよう!ダイオキシン汚染・関西ネットワーク
 止めよう!ダイオキシン汚染・東日本ネットワーク
 ダイオキシン・処分場問題愛知ネットワーク

現時点までに賛同団体に入られた団体(13):
 全国化学物質過敏症患者の会
 科学技術問題研究会
 地球救出アクション97
 国際女性年連帯委員会
 環境フォーラム市民の会
 鈴蘭台食品公害セミナー
 お米の勉強会
 反農薬東京グループ
 食品公害を追放し、安全な食べ物を求める会
 ダイオキシンから環境問題を考える豊能郡住民の会
 安全な食べものネットワークオルター
 日本消費者連盟関西グループ
 天美北環境を考える会


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2014年 月 日
厚生労働大臣 田村 憲久 様
環境大臣   石原 伸晃 様
農林水産大臣 林  芳正 様


止めよう!ダイオキシン汚染・関西ネットワーク
(大阪府豊中市庄内幸町3-7-22-409 山崎方)
止めよう!ダイオキシン汚染・東日本ネットワーク
ダイオキシン・処分場問題愛知ネットワーク


ダイオキシン摂取量の削減に関する質問書

 私たちは、食品から摂取するダイオキシンの影響をなくすために、食品基準を設けるように政府交渉を重ねてきました。その際に、いろいろ質問させていただきましたが、根本的な認識に違いがあると感じてきました。そこで、今回は、基本認識に関する疑問点を中心に質問させていただくことにします。以下の質問にお答えください。

現状の評価・認識に関する項目

1 TDIが前提とする想定日数(厚生労働省)
 日本の現行の耐容1日摂取量(TDI)は4pg-TEQ/kg/日です。政府の見解では、ある1日にこれを超えていても、一時的なら問題ないということでした。それでは、何日間の平均値が超えたら問題なのでしょうか。

2 一時的に越えてはいけない基準(厚生労働省)
 TDIとは別に一時的に超えてはいけない基準はいくらですか。

3 臨界期での摂取量の危険性(厚生労働省)
 中でも妊婦など臨界期の母親は、一時的にもTDI4pg-TEQ/kg/日を超える食事をさせてもいいのでしょうか。

4 EUやJECFAの変更を反映させなかった理由(厚生労働省)
 EUが耐容週間摂取量(TWI)に14 pg-TEQ/kg/週を、JECFA(W HO/FAO合同専門家会議)が耐容月間摂取量(TMI)に70pg-TEQ/kg/月をしました。これらの日本より約2倍厳しく設定している理由は、日本がTDIを設定したときとどこが違うのでしょうか。新しい事実によるのか、考え方が違っているのかお教えください。

5 摂取量の現状と評価(厚生労働省、環境省)
 ダイオキシン摂取量の分布を推計する調査を厚労省、環境省が継続されているということは、全国平均だけの評価では不十分だと認識されているのでしょうか。個人間の摂取量の違い(分布)があれば、たとえ平均摂取量がTDIを下まわっても、それを超える個人が一定の割合存在します。

6 4ピコを超える割合を推計しない理由は(厚生労働省)
 TDIが4ピコを超える割合を推計しない理由として高い摂取量の部分の統計的信頼性が低いことを挙げています。しかし、例えば厚生労働省の平成20年度の推定(ダイオキシン類等の有害物質による食品汚染実態の把握に関する研究の平成20年度報告書)では、95パーセンタイルの摂取量が4ピコを超えているので、より信頼性の高い4ピコ以上の割合を算出できないはずがありません。

7 分布形を毎回変える理由など摂取量推定法に関して(環境省)
 毎回、ダイオキシン摂取量の個人間の分布形を変える合理的な理由は何でしょうか。サンプル数を増やしたり、カーネル法を使うことは検討されましたか。また、シミュレーションの試行回数5000回は少なすぎると思いますが、この回数に根拠はあるのでしょうか。(平成22年度「ダイオキシン類をはじめとする化学物質の人への蓄積量調査及びばく露実態調査報告書」)

8 魚介類のダイオキシン汚染測定方法(農林水産省)
 魚介類のダイオキシン汚染の測定時に、内蔵を除かれていますが、内蔵を食べる人も一定いることを考えれば、内蔵を含めて測定する必要があるのではないでしょうか。

摂取量削減対策に関する項目

9 「バランスの取れた」食事とは(厚生労働省)
9-1 トータルのダイオキシン摂取量を考えた上でのバランスの取れた食事    とはどういうものでしょうか。
9-2 それをどのように指導されていますか。
9-3 その指導の検証結果を教えてください。

10 食品基準、高汚染事故を防ぐ方策(厚生労働省、農林水産省)
 日本がEUその他の国のように、食品のダイオキシン基準値を設定していない理由をお教えください。

11 輸入食品の基準を設けない理由(厚生労働省、農林水産省)
 なぜ、輸入食品の基準を設けないのでしょうか。輸入食品の流通を止めるか止めないかを、他国の基準に頼って安全を保てる理由をお教えください。

以上

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ダイオキシン関西ネットニュース第112号(2014年5月28日)より